なるだけ芸能スキャンダル

ジャニーズや女性アイドルの旬な芸能情報をまとめたサイト!

SMAP報道にてフジで偽造発覚か⁉️よ‼️さすが一桁フジテレビ‼️


表題の通り叫んでしまいたくなる最近のフジテレビ!

ジャニーズ及びプロダクションと適切な距離を見失ったテレビ局、、、

距離を取らねばこんな事態を招いてしまう。

しかし、あまりにも最近のフジテレビは酷すぎる!

韓流ゴリ押しから薄々知っていたが、この会社のモラルは一般社会からは離れているのか。

f:id:nupwhite:20170913192157j:image

拡散希望」のツイッター画像のスクリーンショット

香港の「SMAP」ファンだという女性らが、取材を受けた日本のテレビ局の放送内容への不満を「拡散希望」で複数のツイートをしている。
26年前に「SMAP」がデビューイベントを行った遊園地「西武園ゆうえんち」(埼玉県所沢市)に2017年9月9日にファンが結集したところへフジテレビの情報番組「バイキング」スタッフが行き、ファンに今の思いを語ってもらったのだが、これらのツイートによると、「完全に捏造」で「ひどい」コメントが、彼女らのものだとして流されたというのだ。フジテレビは取材に対し、「事実関係を確認中」としている。
3人退所ではなく、「SMAP」解散への回答だったと主張
SMAP」は1991年9月8日に「西武園」でデビュー発表会を行い、翌日の9日にCDデビューを果たした。ファンにとって9月9日は特別な日であり、有志の手によるイベントも開催される「西武園」に訪れるのが習わしになっている。くしくも17年9月8日はメンバーだった香取慎吾さん、草磲剛さん、稲垣吾郎さんの3人がジャニーズ事務所を退所した日であり、9日はテレビ、スポーツ紙などがファンの声を拾うため集まりそれを報道した。
「バイキング」は9月11日に3人の再出発の特集を組み、「西武園」に集まったファンに「退所についてどう思うか?」という趣旨の質問をし、それを放送した。その中に香港から来たという数人の女性たちがいて、この女性たちは自費で香港のバスに「SMAP」のラッピングをし走らせるほどのファンなのだという。画面には最大で5人が映っていた。そして、質問の字幕で「Q 稲垣・草薙・香取の退所について?」と表示された場面で、1人が「寂しい」、1人が「辛い」と日本語で答え、字幕では「寂しくて辛い」と出ていた。
ところが放送後、こんな文章が「拡散希望」でツイッターを駆け巡ることになった。
「本日のバイキングに香港のSMAPファンの報道内容は完全な偽造です!」
というもの。3人の退所の感想を求められ、実際は、
「私たちは嬉しくて、この選択に全力で応援します」
と語った。次に、16年末に「SMAP」が解散した時の気持ちを聞かれ、
「寂しくて辛いです」
と答えたのだという。
「結局パリピアの退社は香港のファンが寂しくて辛いとの報道になりました。これは完全に偽造です!みんなに知ってほしいです!」
と訴えた(編集注:パリピアとは香取さん、稲垣さん、草磲さん3人を指す)。ツイッターには、バイキングの該当画像のキャプチャーとともに、日本語で上記の訴えが書かれている。
要するに、「寂しくて辛い」という答えは、16年末のSMAP解散時の感想に対するものであり、番組で放送された質問字幕である、3人の退所に対しては、「私たちは嬉しくて、この選択に全力で応援します」という、「寂しくて辛い」とは逆の意見を述べたのだ、という主張だ。
ツイッターでは他にも、日本語で「私は取材された香港ファンの一人です」と書いた上で、「富士テレビはひどいよ!」(原文ママ)、「放送されたのは全然違う内容だった!」などと訴える内容のものも出ている。
放送時に違和感を持ったファンも
こうした文章を公開し、拡散を求めた女性のツイッターには、
「ひどすぎます。国外のファンになんて失礼な」
「香港のファンの皆さんの気持ちが正しく伝わるように、微力ながら拡散を手伝わせてもらいました!」
「心苦しい思いをされて辛かったですね。バイキングの制作者に問題があることを教えてくださって感謝です」
などといったリプライが寄せられた。さらにツイッター上では、実はこのコメント映像がテレビで流れた時に「え?」と感じたという指摘も少なからずあった。というのも、ファンの多くは3人の退所を受け入れていて、退所後も「SMAP」再結成のために頑張ろうと決意を新たにしており、ジャニーズ事務所にそのまま残ってほしいという願いはあまり聞いたことがなかったからだ、という。
この「偽造」の訴えは事実なのだろうか。J-CASTニュースは9月12日、フジテレビに対し、「偽造」したのか、それともうっかりミスなのか、香港のファンの訴えは言いがかりなのか、取材を申し込んだところ、17時近くに返答が帰ってきて、
「お問い合わせいただいた件につきましては、現在、事実関係を確認中です」
ということだった。
J-CASTニュース