なるだけ芸能スキャンダル

ジャニーズや女性アイドルの旬な芸能情報をまとめたサイト!

時代はIT社長!石原さとみスクープ

「文春砲」にIT界隈が沸いた。「文春オンライン」は2018年5月8日、女優の石原さとみさん(31)と、動画配信サービスを手掛ける「SHOWROOM」の前田裕二社長(31)との"旅行デート"をスクープした。

報道を受け、前田氏の同業者たちは相次いで言及。一家言もつ人が多いようで、悲喜こもごもの声を寄せている。

f:id:nupwhite:20180510065021j:image

「私の人生の勝算はどこに」
前田氏といえば、IT業界では名の知れた若手起業家だ。20代で「SHOWROOM」を立ち上げ、動画配信市場を席巻。「若きカリスマ」として多数のメディアに取り上げられている。17年6月には自身の半生をつづった『人生の勝算』(幻冬舎)も上梓した。

今回のビッグネームとのロマンスに、「朋輩」であるIT企業の経営者たちも黙っていない。ツイッターではこんな声が挙がっている。

「僕だと思ったら、全然違った私の人生の勝算はどこに。」(dely堀江裕介社長)
「こんな引きこもりウイイレオタクに人生の勝算はないんやで。。黙々と仕事頑張るしかないんやで。。」(WAVEST松村淳平社長)
「こんなに弊社の若手男性社員を奮い立たせたニュースはない」(エブリスタ芹川太郎社長)
「しょーがないよ!前田さんは男から見ても、同じ起業家から見ても、めっちゃカッコいいもん」(スクー森健志郎社長)
同じマエダユウジなのに...
中でも強く反応したのは、同姓同名の"前田裕司"さん(32)だ。

前田さんもIT企業「クアッドスペース」の創業社長で、SHOWROOMと同じアイドル関連の事業を展開する。そうした共通点から、

「まさかの石原さとみを、自分と同じ名前で、自分と同じIT企業の社長で、自分と同じアイドルビジネスに関わっている人に奪われるなんて想像もしなかったです...なにより、石原さとみのファンなのも一緒だったなんて泣ける」
と悲嘆。続けて、

「同じマエダユウジ なのに、何が違うのだろか。きっと努力の差だ!!( ´-`) .。oO(そう思わないとやってらんない」
ともつづっている。

IT業界と芸能界は結ばれやすい?
女性芸能人とIT関連の実業家との色恋沙汰をめぐっては、枚挙にいとまがない。

女優の奥菜恵さんとサイバーエージェント藤田晋社長は04年に結婚(翌年離婚)。モデルの藤井リナさんは、女性向けファッションアプリを手掛けるTOPLOG亀山隆広社長との交際が17年に報じられた。

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の前澤友作社長にいたっては、モデルの紗栄子さんと女優の剛力彩芽さんとの浮名を流した。

なお、匿名質問サービス「Peing-質問箱-」を運営するジラフの麻生輝明社長は18年5月8日、男性企業家向けにツイッターでアンケートを実施した。

「付き合ったことがあるのは」との質問で「有名女優」「有名アイドル」「どっちもある」「どちらもない」の4択を用意。9日現在で619票集まり、順に11%、10%、7%、72%だった

J-cast

4から5文字熟語の天才!滝沢ヌード公開

滝沢カレン「JJ」3月号(画像提供:光文社)
写真拡大
滝沢カレン/モデルプレス=1月24日】雑誌「JJ」モデルの滝沢カレンが、上半身裸で同誌3月号表紙に登場。ネット上では大きな反響を呼び、本人がInstagramにてコメントした。

f:id:nupwhite:20180125072941j:image

スタッフも感動の大胆撮影

滝沢は“25歳、そのまんまの私”を表現するため、上半身裸となり、胸を両腕で隠しただけの姿で表紙を飾った。

この大胆で美しいカットに対しネット上では「めっちゃきれー」「カレンちゃん美しい…」「表紙、素敵です!」「セクシーだし表情も最高です!!」「な、なんて美しく可愛いんだ~すごい」といった反響が多数。滝沢はこうした声を受け「雑誌の表紙について色々言ってきた人っち、ありがとうございました」と感謝。「男だろうが、女だろうが買って下さい。申し訳ないですが『男だから恥ずかしいんだ』とかもう言ってる場合じゃありません(本当に嫌なら大丈夫です)。よろしくお願いします」と“滝沢らしい”表現でアピールした。

独特の日本語センスが人気を呼び、タレントとしても活躍する滝沢は2011年に同誌モデルデビュー。2016年9月号にて初表紙を飾り、その後も同誌を牽引している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

モラハラか漢気か、、はたまた苦しみなのだろうか太川 藤吉夫妻

 

f:id:nupwhite:20180105173125j:image

 

昨年末に不倫報道があった女優の藤吉久美子の夫で俳優の太川陽介が3日、自身の出演舞台の初日公演後に記者会見を行った。

 太川は、正月に家族3人で京都の太川の実家に帰省したことを明かし、「彼女(藤吉)は『本当に守ってくれる人がいると初めて気づいた。とても安らいでいる』って(言っていた)」「昨年はいろいろありましたが、心新たに、楽しく」と円満を強調。昨年12月の藤吉の会見後には家族3人でホテルで過ごしたといい、「息子と2人で『大丈夫だよ』と話しました。男2人で守っている感じでした」と満面の笑みで語った。

 さらに、不倫相手として報じられた男性がスタッフを務めていた藤吉のライブ活動については、「本当に彼女は歌が好き。歌わせてあげたい」と語り、「次にライブをやるときは、僕がオーディションして、通れば僕のスタッフでやってあげる」と後押しすることを示唆した。

 不倫報道後の会見では、開口一番、藤吉のことを「うちのバカもん」呼ばわりし、藤吉が熱中していた歌手活動には「お金を払って(客に)来てもらうような歌じゃないんだから」と否定的だった太川。しかし、今回は“印象が悪い”と思ったのか、発言を一転させていた。

 これに、ネット上では「年始早々に円満アピールする用意周到さが怖い」「あの会見から怖い」「狂気を感じる」と太川に怯える声が殺到。中には、「典型的な洗脳型夫婦」「もはや隷属」などと藤吉に同情する見方も……。

「太川は、自身に“妻に不倫された夫”というイメージが付くのが許せないのでしょう。テレビのワイドショーやスポーツ紙は、やたらと“漢気会見”“神対応の良き夫”などと持ち上げていますが、言葉の端々に“夫主導主義”が見え隠れし、どうしても目の奥が笑っているように見えない。『僕のスタッフでやってあげる』発言も、『俺の監視下でなら』という条件を突きつけているようで恐怖を感じます」(女性の芸能記者)

 不倫報道後の会見では、ハイテンションで「ルイルイ」ポーズをして見せた太川と、号泣しながら男女関係を否定した藤吉の対比が話題に。『スッキリ』(日本テレビ系)では、MCの極楽とんぼ加藤浩次が「許すって言ってる旦那さんの記者会見見た後に、あの涙はダメよ」と藤吉に苦言を呈したほか、『とくダネ!』(フジテレビ系)では、小倉智昭キャスターが太川を「立派だ」と絶賛した。

 一方、女性の印象は異なる模様。随筆家でタレントの室井佑月は連載コラムの中で、太川が藤吉のライブ活動を「小バカにしている」と綴り、藤吉を「あの子」と呼ぶ点についても「引っかかる」と指摘。情報番組に出演した女優の遠野なぎこは、太川の会見を「心底ゾッとしましたね。不気味」「おかしい」「ちょっとモラハラ臭が……」と述べ、西川史子も別の番組で「太川さんの会見がすごく怖い」「妻を守るというよりも、自分の体裁を守るための会見」と語っていた。

「ネット上の声を見ても、男性と女性で太川への印象はかなり異なることがわかる。藤吉は以前、バラエティ番組で『夫へのタメ口厳禁』『食事の主導権は夫』『妻の就寝時間まで夫が指示』など、太川の亭主関白ぶりを暴露。そのため、藤吉の号泣会見も“太川に怯えている”と捉えればしっくりくる。今後、太川がハイテンションで“良き夫”を演じれば演じるほど、世の女性を怖がらせる結果となりそう」(同)

 いまだ“モラハラ疑惑”がくすぶっている太川。わざとらしい円満アピールが今後、命取りとなりそうだ。

 

オフホワイトグラドルの小山ひかる始動!!!!!これは事件だ‼️

 

f:id:nupwhite:20171010205148j:image

宮迫は利用されたのか、、、、

むごい。

残酷だ

欲は身を滅ぼすということなのか

 

芹那も真っ青だろう

 

芹那、、、最近元気かな笑

f:id:nupwhite:20171010205151j:image

 

 

 雨上がり決死隊宮迫博之(47)との二股不倫疑惑報道で注目されたモデルの小山ひかる(26)が、8日放送の情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)にコメンテーターとして出演した。

 小山は、宮迫との関係について「してないです」を連発。「一線は越えてないです」「ちゃんと(服は)着て、(セックスは)してません」と、笑顔で不倫関係を否定した。

 また、ホテルで密会を重ねていたことについては、「あとから来るもんだと思ってたんですよ、みんなが」と、他の飲み仲間も合流するものだと思い込んでいたと説明。「さすがにだって、結婚されてますし、何度か飲み仲間としてお会いしてて、いい先輩、優しい先輩だとは思ってましたけど、そういう感じで見られてるとも思ってなかったんですよ。そういうアピールみたいのもなくて」と、宮迫の下心に気付いていなかったことを明かした。

 8月発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、宮迫と小山の2度にわたる密会現場をスクープ。高級ホテルの一室で、約10時間を2人きりで過ごしていたと伝え、宮迫は同誌の直撃に「(不倫疑惑は)オフホワイトです」などと曖昧に答えていた。

「『サンデー・ジャポン』でも“今年話題のオフホワイトグラドル”と紹介されていた小山ですが、発売中の『週刊プレイボーイ』(集英社)のグラビアに登場。見出しは『私のオフとホワイトな日々』で、『人気お笑い芸人の不倫疑惑騒動で話題になった~』などと紹介されている。誰が見ても、あからさまな売名行為であることから、ネット上では『不倫をリークした張本人では?』と疑う声が相次いでいます」(芸能記者)

 小山が“リーク犯”と疑われる一因には、小山の所属事務所の現状も。同事務所は多くのタレントを抱えているものの、一般的には知名度の低いタレントばかり。その中でも小山が筆頭なだけに、事務所ぐるみのリークが疑われているようだ。

 一方、小山と同時に宮迫との密会が報じられた美人美容ライター・A氏は、不倫疑惑報道を境に、Twitterやインスタグラムの更新がストップ。自身が編集長を務める美容サイトの宣伝も止めてしまった。

「小山が騒動を蒸し返したことで、再びA氏が注目される結果に。A氏と宮迫との関係は長く、宮迫が本気になっているのは小山でなくA氏のほうともっぱら。小山の売名行為は、A氏にとっては迷惑でしかないでしょうね」(同)

 共演者のテリー伊藤から「小山さんも、ずうずうしくよく出てくるよね」と揶揄されていた小山。その明らかな売名行為に、宮迫もA氏も今頃、頭を抱えているかもしれない。

f:id:nupwhite:20171010205201j:image

良かった不倫じゃなかったのか、酔って手繋ぎ!川島海荷

f:id:nupwhite:20171006081952j:image 

川島海荷を始めてブラッディマンデーで見た時

凄く可愛かったものだ

 

そんな彼女が不倫⁈まさかと思っていたが

 

酔って手を繋いだだけだった

 

良かった

良かった

そうか

酔って手を、、、

 

ワンピースのサンジは言う

 

女の嘘を許すのが男だ

f:id:nupwhite:20171006081942p:image

 

画像はオフィシャルブログより
写真拡大
 10月3日発売の『フラッシュ』(光文社)で、TBS局員の40代男性との“手つなぎ写真”をスクープされた川島海荷(23)。本人は記者の直撃取材に対し、男性との交際を否定していたが、「業界内では川島への“処分”に注目が集まっている」(芸能プロ関係者)という。

「『フラッシュ』は、川島が男性と都内の飲食店で食事をした後、手をつないでバーに移動する姿を掲載。同誌の直撃に対して川島は、手をつないでいたのは自分が酔ってフラフラだったためだとし、たまに相談に乗ってもらっているだけで男女の関係にはないことを主張していました」(テレビ局関係者)

 同誌発売日以降、テレビでは川島のスキャンダルを取り扱う番組もなく、世間的にはさほど大事になっていない。が、一部業界内では騒ぎになっているとか。

 

「記事では明かされていませんでしたが、お相手の男性はT氏という既婚者で、子どももいます。T氏はドラマに精通した編成・プロデューサーで、ルックスもイケメンなのでモテるタイプ。それだけに、川島もつい甘えてしまったのではないかとみられます」(同)

 とはいえ、T氏が妻帯者である以上、川島との関係は不倫を疑われても仕方がない。

 そのため、すでにT氏への処分内容は決まっているといった情報も。

「T氏は間もなく部署を移される見込みです。今回は決定的な不倫の証拠を押さえられたワケではありませんが、やはりお咎めなしとはいかなかったのでしょう」(前出の関係者)

 T氏の今後の方針が決まりつつあることで、川島にも関係者の視線が集まっているようで……。

「川島は2016年10月から情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の総合司会を務めています。報道に携わるタレントとして、疑惑とはいえ不倫はマズい。前任の北乃きい(26)は2年で番組との契約を満了して降板しましたが、川島はどうなることか……」(芸能プロ関係者)

 北乃を上回る“スピード降板”は回避したいところだが、疑惑の真相が明かされる日は来るのだろうか。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

ジャニーズvs 飯島 時代は進む!

 

勝者どちらだ

 

失う勇気のあるものに成功は訪れる

 

f:id:nupwhite:20171004213312j:image

 

 

 

「『なにこれ、冗談じゃないわよ!』と、金切り声が響き渡り、怒り心頭のようです」(ジャニーズに詳しい関係者)

 元SMAP3人衆の動向に、ジャニーズ次期社長とされる藤島ジュリー景子副社長(51)が激怒しているという情報が業界を駆け巡っている。稲垣吾郎(43)、草磲剛(43)、香取慎吾(40)が、昨年のSMAP独立騒動を牽引した元チーフマネジャーの飯島三智(59)と合流、公式ファンサイト「新しい地図」を先月下旬に開設したときのこと。

「ジャニーズを退社後、当面は静かにしていると思っていたところ、蓋を開けてみたら、3人そろって大っぴらに再スタートを切っている。しかも、ジャニーズではご法度でタブー視されているネットを最大限に活用しての戦略だったことで、ジュリー副社長の機嫌がめちゃくちゃ悪くなりました。旗振り役の飯島さんにしてみれば、ジャニーズのやらないところをやっているんだから問題ないでしょ、という言い分なのでしょう。ですが、副社長には、飯島さんが自分とジャニーズに喧嘩を売っているとしか思えない」と、ジャニーズに詳しい関係者が言うのだ。

 それでも、今のところ静観しているのは、ジャニー喜多川社長が3人の独立に際して応援コメントを出した上、「退社と同時に民放の番組すべて打ち切りとなっておかしくない中、深夜は続けてやってもいいんじゃないかという異例の計らいがジャニー社長からあった」(放送関係者)ため。ジュリー副社長は対抗措置を取りたくても取れないのだろう。

■コンサートを材料にファンクラブ会員増

 だが、拳を振り上げるのも時間の問題か。3人衆を率いる飯島氏が、ジュリー氏の神経を逆なでするような攻勢をさらに強めているからだ。

 3人が生出演するインターネットテレビ局「AbemaTV」の11月2日の72時間特番について、歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)とホリエモンこと堀江貴文氏(44)が、ゲスト出演することになったとツイッターやブログで明かした。

「飯島さんは付き合いがあったり、SMAP時代からのゆかりの著名人に対して、片っ端から番組出演のオファーを出している。タモリさんら大物も返答待ちというし、決まれば芸能マスコミが大々的に報じるに違いない。スポーツ紙では、ジャニーズ担当ではない記者が飯島派担当として新たについている。報じないよう横やりを入れることもできないでしょう」と、キー局ワイドショー芸能デスクがこう続ける。

「ファンクラブの有料会員の人数は、20万人とも30万人ともいわれていて、年間にすると軽く10億円もの運営費を持っているのが飯島さんと3人衆の事務所。年会費を更新する来年秋ごろ、次の会報にライブの情報を掲載します、とでもやるのでしょう。そうなればまた、有料会員はエサに飛びつくように更新していく。コンサートを材料にしたファンクラブ会員の集め方はジャニーズ事務所の十八番でありお家芸。ジュリーさんは間違いなく面白くない」

 もともと飯島氏とジュリー氏はライバルで、ジャニーズを二分する勢力であった。組織が別々になったことで、飯島元マネが大胆不敵に仕掛けた芸能界版女の仁義なき戦い。“音”が鳴るのは時間の問題か。
日刊ゲンダイDIGITAL

大爆笑の再現!草なぎが週刊誌の奇行を実写!

SMAP香取慎吾

f:id:nupwhite:20171004213056j:image
写真拡大
 元SMAP草なぎ剛が4日、ともに8日にジャニーズ事務所を退所した香取慎吾がMCを務めるフジテレビ「おじゃMAP!!」に出演。元SMAP同士の共演を果たした。

 草なぎは写真週刊誌に散歩風景を激写された愛犬、フレンチブルドッグの「くるみちゃん」(9カ月、メス)を連れて出演。散歩の途中に突然、地べたに座り込んだ姿が激写され、“突然の奇行!”などと報じられたが、この日はザキヤマこと山崎弘也に「例の感じでやりましょう」「アノ画に近い感じで」とリクエストされ、くるみちゃんを抱っこしながら地べたに座り込んだ姿などを再現し、笑わせた。

 ロケが行われたのは、公式ファンサイト「新しい地図」が開設された9月22日。香取は「偶然だよね」「つよぽん、(運を)持ってんのよ」などと驚き、「新しく始まるから!」と宣言していた。

 

デイリー